プロフィール

むむ

Author:むむ
同居犬を溺愛する親ばか。
気がつけばアラフォー。
宇宙に果てはあるのか‥と考えだすと眠れなくなる

同居犬:さくら(ラブラドール) 2006年5月24日生まれ
散歩デビュー直後に重度の股関節
形成不全(先天性)と診断され、
生後6ヶ月目に左足の 12ヶ月目に
右足の人工関節全置換の手術
(トータルヒップ)を受ける。
今ではそんなこともあったっけ~と
思うほど元気はつらつ!
決してレトリーブしない
レトリーバー。
追記:2011年2月に門脈低形成と
診断され月1回大学病院へ通い
ながらの内科治療を開始。
2011年5月突然左後ろ足をびっこ
ひいて歩く様になる。人工関節の
一部が激しい摩耗の為、原型を
とどめず痛みもあることから
再手術に踏み切る。
術後の経過は良好、今はとにかく
安静第一。

検索フォーム

カウンター

人差し指でできる1秒の貢献

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

精密検査の結果


今日関東では春一番が吹きました! でも明日は寒いらしいけど。。。


少し間があいてしまいましたが‥

<2月17日(木) 精密検査の結果を聞きに>

18時からのアポを取り、仕事を早退して病院へ。
予定時間に到着したものの、名前を呼ばれたのが50分後。。
こんな不安な状態で50分も待ったもんだから、
かなりわたし苛立ってて露骨な態度で受付に文句言ってしまいました。
すみません、この場を借りてお詫びします。

飼い主は我が子の為に必死でいろいろと先生に質問するんですよね。
先生方は飼い主が納得いくまで丁寧に説明してくれます。
だから時間はいくらあっても足りないんでしょうね。。。


精密検査の結果は、1本の太いシャント血管あり、
他にもシャント血管と思われるものや、血管が毛玉のようになったものもあり。
CTだけでは判断が難しく、次なるステップとしては次の2つ
1.開腹検査 (ハイリスク)
開腹して手術可能であればそのまま手術へ、但し術後経過で
再手術の可能性あり。手術出来ない場合はそのまま閉腹する。
2.外科治療をせず内科治療+経過観察
肝臓の障害が進行していくと末期は黄疸・腹水などの症状。
寿命は1~2年でしょう。。。と

(ここに記している事はあくまでも自分なりの理解です。)


飼い主の望む選択は1.でも2.でもなく 3.完治する治療法 なのに
その選択肢がないんです。。。


あきらめませんよ~、NEVER GIVE UP!

P1030812_convert_20110226023741.jpg




2/17 診察料 ¥2,100
スポンサーサイト

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

INDEX

■■■ comment ■■■
    ■■■ trackback ■■■

      地球の名言


      presented by 地球の名言

      ブログランキング

      ONE LOVE

      LIVING WITH DOGS

      実店舗での生体展示販売以外に、 Web(通販、及びネットオークション)での生体展示販売にも反対します。
      ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対

      アニマルライツ

      動物との穏やかな共存を目指す

      小さな命を救いたい、命の重さを伝えたい

      いのちの学校 いぬねこ係 里親探し・犬猫の殺処分問題

      メールフォーム

      名前:
      メール:
      件名:
      本文:


      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。