プロフィール

むむ

Author:むむ
同居犬を溺愛する親ばか。
気がつけばアラフォー。
宇宙に果てはあるのか‥と考えだすと眠れなくなる

同居犬:さくら(ラブラドール) 2006年5月24日生まれ
散歩デビュー直後に重度の股関節
形成不全(先天性)と診断され、
生後6ヶ月目に左足の 12ヶ月目に
右足の人工関節全置換の手術
(トータルヒップ)を受ける。
今ではそんなこともあったっけ~と
思うほど元気はつらつ!
決してレトリーブしない
レトリーバー。
追記:2011年2月に門脈低形成と
診断され月1回大学病院へ通い
ながらの内科治療を開始。
2011年5月突然左後ろ足をびっこ
ひいて歩く様になる。人工関節の
一部が激しい摩耗の為、原型を
とどめず痛みもあることから
再手術に踏み切る。
術後の経過は良好、今はとにかく
安静第一。

検索フォーム

カウンター

人差し指でできる1秒の貢献

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どんぐり拾い

台風一過でどんなもんかなぁと思ったが、連日の悲しい熊達の現状に
いてもたってもいられず、とにかく拾いに行って来ました。

ほんとはもっと先の植物園に行く予定だったんだが、
いつもの海浜公園を通ったついでに、そこの管理事務所に
この近くにないかなぁと聞いてみたら、
なななんとそこにどんぐりの木が植わっているところが
3カ所ほどあるとかで案内してもらいました。


P1020879_convert_20101031182848.jpg

最初のポイントはどんぐりの木が1本だけ生えているところ。
つい最近、2~3人がどんぐりを拾いに来ていたので、
もう落ちていないかも。。。
と管理事務所の所長さんが申し訳なさそうに案内してくれましたが、
台風の影響でか結構落ちていました~。



P1020883_convert_20101031185454.jpg

そこからほんの少し離れた所にどんぐりの木が数本。
最初のと比べると木の背丈が高くて、台風の影響なのか
まだ青いどんぐりがごろごろ



P1020885_convert_20101031183200.jpg

もちろん拾っている間はさくらの遊び相手にはなれず。。。
最初はどんぐりをかじって一人遊びしていたさくらも
30分も放置されるとさすがにたいくつそうな態度があからさま



P1020889_convert_20101031183531.jpg

2.5時間がんばって4.8キロの収穫!明日着で早速送りましたよ~。
50キロにはほど遠かったけど、少しでも熊さんのお腹の足しに
なりますように。。。


出かける前に実家の父親にどんぐり拾いをメールで呼びかけたら、
途中で電話がかかってきて、母親とどんぐりを探しに
近所に出かけてるとの事。
小さいのがちらほらしかなくて、420グラムの収穫だって~。
二人で外に出てどんぐりを探してくれたんだなぁって思ったら
なんだかうれしくてウルッとしてしまいました。

送り先に電話して聞いたら、青いどんぐりでも大丈夫ですよって。

また時間見つけて拾いに行くぞ~。

クマとの共存

毎日のようにテレビで流れるくま射殺のニュース。

自然破壊に加えて猛暑の影響で山には食べ物がなく、
くま達はからっぽの胃を抱えて食料を探し求め
命がけで人里に降りて来て、そして容赦なく射殺されてしまう。。。

子グマを連れた母グマはどんな思いで
住宅地をさまよっていたのだろうか。。

これから冬眠を迎える熊達は食ベ物を探しに
ますます山から降りてくるのでは…と思うと
なんともやりきれない気持ちです。。



そんな悲しい出来事から1頭でも多く熊の命を救おうとしている
取り組みがありました!! 
日本熊森協会 
都会のどんぐりを熊へ届けるているのだそうです。

子どもの頃、拾って遊んだなぁ。。。
童心に返って拾ってみるかなぁ~。


illust377_thumb.gif



日曜日の市役所

実はある事に興味があり、市役所へ行って来ました。

市役所の駐車場を開放して開催されていた 
動物フェスティバル神奈川2010

どこに住んでも地域猫(野良ちゃん)達とは仲良くいい関係でいたいもの。
『猫との共生』についてどんな活動があるのか知りたくて&
何か自分にできることはないものかと、神奈川捨猫防止会
ブースを覗いてみました。
なんと、会の発足は1973年(昭和48年)だそうです。

P1020726_convert_20101004233054.jpg

P1020725_convert_20101004233020.jpg



ポスター、小物、折り紙等ほとんど全てが手作り。
猫を愛して止まない気持ちが伝わってきます。

猫は年に2~3回、一度に4~6匹産むそうです。
産まれた子達もどんどん子を産んでいくと
1年で一体どのくらいになるんでしょうか。。。?


P1020723_convert_20101004232922.jpg


会長の太田さん。 猫の事なら右に出る者なし!
どんな質問でも親身になって答えていました。
ブースをお手伝いされていた会員さんが、『会長に出会って
人生が変わった』と嬉しそうに話してくださったのが
とても印象的でした。


当日は捨猫防止会のボランティア活動が獣医師会から表彰されたそうで、
この辺にでも貼っときましょか~ってな感じで賞状がペタッと
されてました(笑)

活動は個々にされていたり、近所の方を紹介してもらったり、
また協会に野良ちゃんの苦情や相談が来るので、
その地域の会員さん達が中心となり問題解決にむけての具体的相談や、
不妊・去勢手術の普及/支援(外猫の場合は手術費用の補助)などなど。
目も開いてないような子猫を拾ったがどうしたらいい。。?
なんて事にも細かく対応してくれます。心強い味方です!

私は犬の散歩の時に子猫を見かけた事があって、
いつもひとりぼっちでポツンと公園にいたの。。
触れるほどは近づけないんだが、もしついて来たら
うちの子にする覚悟を決めて何日か話しかけてました。
結局その後、見かけなくなっちゃったんだけど。。。
あ~ゆ~時ってどうしたらいいのかなぁって。。。

まずは会員になってご近所さんが活動する時の
お手伝いから始めてみたいと思います。

ご興味がある方は是非サイトをチェックしてみてくださいね~。


久々にお台場へ行って来ました

多分5年以上ぶりでしょうか。。。お台場に行って来ました。
今日の目的は、まじめです(たまにはね)

 

『それぞれの動物愛護のカタチ 2010』
聴講参加して来ました。



P1020715_convert_20100923192854.jpg

会場はZEPP TOKYO 2Fの TOKYO CULTURE CULTURE
開演時にはほぼ満席でした。




P1020716_convert_20100923192927.jpg

http://dogactually.nifty.com/blog/
リンクにも載せてありますが,dogactuallyのサイトです。


当日の詳細は上記サイトで紹介される事と思いますので
私が印象深かった事をここで1つ
 動物や動物愛護に興味のない人でも意識できる事というのがあり、
 これは『生きている状態・環境を知る事』である
 例えば、自分が口にする卵はどんな飼育環境でどんな健康状態の鶏が
 産んだのか。。。
 ケージ飼いなのか、満員電車のようなぎゅうぎゅう詰め飼いなのか、
 放し飼いなのかーーー
 ストレスフリーで健康なのか、ストレス・病気持ちなのか。。。
 ぎゅうぎゅう詰め飼いはストレスのあまり、周りの鶏達を
 目を突くなどして攻撃してしまうそうで、それを防止する為に
 生まれてすぐにくちばしを切断されるそうです。。。
 
 消費者は購入時にもっと家畜のwalfareを考えてもらえる事が重要。
 
 その意識が、生産者側の意識を変え飼育環境に変化をもたらすだろう 

意識する事/自分を変える意識を持つ事が始めの一歩だと思いました。 
(今日はマイケルジャクソンのMan In the Mirrorが
頭の中をずっとこだましてました。)



P1020717_convert_20100923193030.jpg

写真は最後に行われた出演者さん総勢でのパネルディスカッション。
聴講者からの沢山の質問にも丁寧にお答えくださいました。


P1020719_convert_20100923193111.jpg

おみやげにいただいた赤ワイン 


実は私、行きに会場の最寄駅で改札を出るのに定期券区間外の精算を
しようとして、なななななんと財布を忘れた事に気がついたのです。
チャージ残高は1区間分の電車賃にもならないほどで。。。

講演会場を目の前にして1.5時間近くかけて家に引き返すなんて‥と
5分ほどボーゼンと立ちすくんでしまいました。
ダメもとで駅員さんに訳を説明し、明日お金を返すという約束をして
無事通してもらえたのでした。。。
免許証のコピーでも取りますか?と自分から聞いておきながら
財布がないから免許証もないことに気がつき。。。 

東京テレポートの駅員さん、ありがとう!
おかげで、遅刻する事なく参加できました。
電車賃は明日必ずお返しに行きます!!

そんなんで、会場で飲み食いもできず、
出演者の方の本を購入する事もできず…
ましてお台場をうろうろする事もありませんでした…

すんごい寒かったのに薄着だったし。。。


あ”~っ情けない

SWEEEEE~T!!

Twitterで素敵な動画を見つけました、ぜひ紹介させてください。

これ、いつの間にか自分の顔が微笑んじゃいます

微笑みながらうるっときました。


  ↓ ↓

Little Boy and His Dog



そして3年後...

この坊や(名前はJoshua)は自分の5歳の誕生日パーティで
プレゼントではなく家のない動物達の為のドネーションを募って
動物保護機関に寄付したの。。。 


子どもと動物ってピュアです。
みんながこんな気持ちになれるといいなぁ。。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

地球の名言


presented by 地球の名言

ブログランキング

ONE LOVE

LIVING WITH DOGS

実店舗での生体展示販売以外に、 Web(通販、及びネットオークション)での生体展示販売にも反対します。
ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に反対

アニマルライツ

動物との穏やかな共存を目指す

小さな命を救いたい、命の重さを伝えたい

いのちの学校 いぬねこ係 里親探し・犬猫の殺処分問題

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。